その後の青空書房

店舗は7/5に閉店をいたしました。坂本さんの蔵書は大阪古書会の市場にて
いろんな古本屋さんのところへ行ったと聞いています。
それがそれぞれの店頭にならんで、もしかしたら、あなたの手に渡るかもしれません。
手作りの表紙や、帯や、蔵書票や、落書きなんかを見つけたら、消しゴムで消さずに。
「あ、坂本さん、ここにおったんや」
そう思ってもらえたら嬉しいです。

青空書房の坂本健一さんについて、
いろんなメディアの方が取り上げてくださいました。
その一部をここにも残しておきたいと思います。

朝日新聞
7/5
http://www.asahi.com/articles/ASJ745JV2J74PTIL02G.html

毎日新聞
7/5
http://mainichi.jp/articles/20160706/k00/00m/060/033000c

産經新聞
7/5
http://www.sankei.com/west/news/160705/wst1607050082-n1.html

朝日新聞「折々のことば463」
7/20
http://www.asahi.com/articles/ASJ7C4FTTJ7CUCVL00G.html

with news
7/13
http://withnews.jp/article/f0160713001qq000000000000000W04910101qq000013688A

つひまぶ
7/5
http://luis.jp/blog/2016/07/04/post-7816/

はめにゅー
7/8
https://hametuha.com/news/article/16412/

一部は会員登録やログインをしないと全文が読めない場合もあります。
そのへんは、ご了承ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

青空書房を愛してくださった皆さまへ

2016年7月2日の夜に、
青空書房の店主 坂本健一さんが永眠されました。数え94歳でした。
古本屋一筋に70年。
本の売り買いにとどまらず、坂本さんの人柄や絵や言葉、そしてお客さんたちとの出会いは本当に温かく、
きっと足を運ばれた方の、おひとり、おひとりに、宝物のような時間があったと思います。

Img_7094

ご家族の方から「皆さんに、本当にありがとうございましたとお伝えください」と言付かり、
本日ブログを更新いたしました。
お葬式は7月4日にご家族の方と近親者にてお別れの会をしました。
きっと、多くの方が坂本さんにお別れをお伝えしたかったと思うのですが、
坂本さんの意向でこのような形になりました。
皆さまが青空書房での本との出会いや、坂本さんとの出会いを胸に、
これからの人生も歩んで下さることが、なによりと存じます。

なお、青空書房の店舗は本日で閉店となります。そのことについても、急なお知らせで申し訳ありません。

もしこのブログを読まれましたら、まだご存じない方のためにリツイートやシェアをしていただけると嬉しいです。

お店に来てくださった方。本作りに奔走してくださった方。メディアに取り上げてくださった方。

書き尽くせぬほど、多くの皆様へ。

本当にありがとうございました。


青空書房


Img_7095


Img_7083_2


Img_7097


| | コメント (6) | トラックバック (0)

ありがとうございました!

『92と27』のコラボ展を火曜日に無事、終えることができました。
今回の展覧会で、青空書房暦が30年だったり、40年だったり、産まれた家が近所だったり、坂本サンが会いたがっていた人が来てくれたり、サプライズだったり、とにかく温かい展示となりました。
青空書房歴が、まだまだ短い私ではありますが、お手伝いができてよかったです。どうか皆様、これからも青空書房さんをよろしくお願いします。
ひやまちさと
(バタバタして、ちっとも写真が撮れておりませんでした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

展覧会は、明日6/25(木)より始まります!

ぜひ、みなさん遊びに来て下さいー!
92歳と27歳のライブペインティングなんて、そうそう見れるものじゃないと思いますー!

昨日、芝田町画廊さんへの搬入を終えました。
展覧会は明日、25日木曜日から始まります。

昨日は荷物を運ぶのにタクシーで行ったのですが、まず運転手さんがとても親切な人で、荷物を一緒に画廊まで運んでくれました!
搬入は、スタッフの皆さんに手伝っていただき、テキパキできました!

坂本さんの作品は今までのポスター展とは違い、坂本さんの「今」描きたいモノ・コトが大胆に表現されています。

展覧会中は、私は毎日画廊へ行きます。そして坂本さんの体調がよいときは、一緒に絵を描きます。

会場でお会いできるのを楽しみにしています!

よろしくお願いします。10154523_683450645118777_7477897306


| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂本さんとの作品展まで、あと1週間!

あれやこれやとしている間に、青空書房さかもとけんいちさんとの二人展「92と27」がもう来週です!
すみません、告知が追いついておらず、、、、。やばい、冷や汗、、、でも、ぜひ見てほしい作品展です!どうか、この告知を見られたお方、ご家族、ご友人、親しい方、あなたの大切な人とお誘い合わせの上、足をお運び下さい!
青空書房 坂本健一さんとの作品展のお知らせです。
「92と27 ふたり展」
6月25日(木)〜30日(火) 11:00〜19:00※最終日は15:00まで
場所:芝田町画廊(大阪市北区芝田2丁目9-19イノイ第二ビル1F)
http://gallery-shibatacho.jimdo.com/
★イベントのお知らせ★
6月28日(日)14:00から
さかもとさんを囲んでお茶会をしようと思います(参加無料)
ぜひ、遊びにきてください。
よろしくお願いします。
------------------------------------------------------------------------------------
昨日は、二人でF10の絵を1枚ずつ並べよう!ということで、坂本さんの紙を私の膝で支えながら、そこに坂本さんが描くという感じでした。
何故か、、、!坂本さんの部屋は本やなんやらで埋れていて、描くスペースがないからです!うー!掃除したい!
だいぶ、大きなエネルギーを使ってしまいましたので、1枚描いて息切れをしました。だって、92歳やもん!
私の力不足で、宣伝がいきわたっておりません!でも、ぜひ見てほしいです!よろしくお願いします!

イラストレーター ひやまちさと
http://usuratorarisu.jimdo.com/11393129_679908878806287_3079809830


| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空書房からのお知らせです

青空書房 坂本健一さんの作品展のお知らせです。

Hagaki1


「92と27 ふたり展」
6月25日(木)〜30日(火) 11:00〜19:00※最終日は15:00まで
場所:芝田町画廊(大阪市北区芝田2丁目9-19イノイ第二ビル1F)
http://gallery-shibatacho.jimdo.com/


Hagaki2


★イベントのお知らせ★
6月28日(日)14:00から
さかもとさんを囲んでお茶会をしようと思います(参加無料)
ぜひ、遊びにきてください。

よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------------------------------

今回の展覧会に向けて、期間限定でブログを再開しました。
代理人の、ひやまちさと、と申します。
展覧会では坂本さんの作品を展示するサポートなんかをしています。
昨日は、告知DMをさかもとさんのところへ持っていき、ついでに2人でお蕎麦を食べて
いろいろとおしゃべりをしてきました。

商店街ですれ違うと声をかけてくれるひとや、パンの差し入れを持って来てくれるひと、
あったかい商店街です、いつも。

ときどき、坂本さんは入れ歯を忘れて蕎麦屋へ行ってしまいますが、
いきつけのところだったら、気にならないと言っています。
(入れ歯を忘れたことは内緒です)
まあ、なんせこの4月で92歳になられたわけですから。
本人は「ぼちぼち年かなあ」なんて言っています。

でも、ビックリなことに私たちは展覧会中にライブペインティントといって
その場で絵を描くことをします。
それは、坂本さんの体調を考慮しつつですが。

今日の坂本さんは、ぼちぼちな1日やな〜と言いながら、この笑顔です。


しばらくの間、お付き合いくださいませ。

よろしくお願いします。


Img_2341


| | コメント (0) | トラックバック (0)

路地のなかの古本屋・青空書房

   【お知らせ】


青空書房は新たに住み慣れた路地で再出発しました。

たくさんのファンが気にかけてくださっていることを

さかもとさんはとても喜んでいらっしゃいました。


青空書房の様子、ポスターなど、撮影してアップしてくださる

ファンが増えてきました。嬉しい限りです。

今後、この「青空書房の青空」としての更新はしませんが、管理人は以前から

個人的に自身のブログで青空書房、そしてさかもとけんいちさんのことを折に

触れて紹介しておりました。もちろん、今後もひきつづきアップしていくつもりで

おります。よろしかったらご訪問ください。


  あざみ通信  …  主にブックレビューなどを書いています

 http://ameblo.jp/nomark6061


  渾身・乱心の日々 … 管理人の日記

http://garasuwohakobu.blog77.fc2.com/

| | コメント (5) | トラックバック (0)

青空書房の再開準備

140113_191202_2


140113_130601_2


140113_121301_2


青空書房のお引越しを終えて、現在、元のお店からほど近い自宅での営業開始準備中。

長年使っていた店主自筆の看板は、自宅郵便受け横にうまく収まりそう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

青空書房のお引越し

2014011108265147b_3

67年続いた青空書房の店舗にもお別れ。

いよいよ今日、お引越しです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

12月29日(日)

131228_142201_2


大阪は日本の文化の根っこ

近松 西鶴 秋成 そや 織田作

そして田辺聖子 どや ちょっと鼻高うしても

かめへんのとちゃいまっか

                青空書房


*******

【管理人よりお知らせ】

今年最後の日曜日のポスターです。

そして今の青空書房としては最後のポスターになります。

大晦日には改めて閉店のお知らせを貼り出す予定と伺っていますが

残念ながら管理人の都合で撮影には伺えません。

ご存知のように青空書房は12月末で67年間の歴史に幕を下ろす

ことになりました。それに伴い、この「青空書房の青空」も今回を

もちましてひとまず最後の更新とさせていただきます。

今後の更新は未定です。

ブログは当分はこのままご覧いただける状態にしておきますので、

よろしかったらこれまでアップしたポスターをご覧いただければ

嬉しいです。

2009年9月12日より始めて4年と少しの間でしたが、たくさんの

方に訪問していただき心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«12月22日(日)